地味に続行中。

何がってダイエットですたらーっ(汗) しかも突然10㌔ヤセたくなったから大変(笑)。 「1日1万歩歩いてやるー!」 とか思ったんですが、、、1万歩って尋常じゃないですね。 1月から1日たりとも達成できていなかったりしますもうやだ〜(悲しい顔) まぁ、俄然ヤル気にみちみちたのは一昨日の夜ですけど。 今日だってまだ3000歩ソコソコバッド(下向き矢印) しかし競馬より(心折れてるのでこの発言もうやだ〜(悲しい顔))、ダイエットのほうが努力が反映されるのでややハマリ中。昨日もはりきって脚やらマッサー&腹筋したら筋肉痛です。 さてさてちょっと競馬の話(?)。 CLUB KEIBAシートって知ってますか? JRAさんのサイト(正確にはCULB KEIBAサイト)で応募すると、指定席が当たるんですよ~黒ハートって、当たった事無いですがバッド(下向き矢印) 懲りずにまたまた応募してみましたひらめき 当たったらT師匠とお出かけですぴかぴか(新しい) 他にも貯めたポイントでクオカードとか当たる懸賞にも応募しているんですが、これもまた当たったこと無いです(笑)。 ホント、懸賞&くじ運はゼロちっ(怒った顔) …色々書きましたが、同情はいりませんよ(笑)。 可哀想なコじゃないですから~!!!!!

続きを読む

ロバが飼いたい三十路

今はロバのネット通販(?)があるんですよねわーい(嬉しい顔) デットーリも飼っていたロバ…可愛いが85万かたらーっ(汗) ダブルミリオンくらい仕留めたら迷わず庭に「ロバ小屋」建てて飼いたいと思いますexclamation×2きちんと飼えそうな人にしか売らないらしいんですが、うちは庭あるし田舎だし大丈夫じゃないかな?? まずは家族を説得しなきゃならないけどね(笑)。 さて最近戦犯ホースでおなじみ六本木さんのブログにハマってます♪ ↓puyoも持ってます、この本。 穴馬はなぜ何度も穴をあけるのか?―戦犯ホースの定義 (競馬王新書 7)作者: 六本木 一彦出版社/メーカー: 白夜書房発売日: 2007/10/25メディア: 新書 ブログの中の『実録ダート抗争史』という一連の記事がスゴイひらめき 現在のダート戦線をヤクザの抗争に例えて書かれているんですが、いやー読ませます!笑わせます!! ダート戦線が好きな人にはたまらないかもです黒ハート …もう2010年になっちゃいますねふらふら 目標等は次の記事に書きますたらーっ(汗)

続きを読む

可愛いは必須!?

三十路になった今でこそ「女子女子」と騒いでいますが(笑)、二十代前半は生意気盛りで男子になりたい病にかかっていました。 まぁ、やっていたギャンブルが麻雀だったからかもしれませんが。 「オンナノコだから」 「オンナノコだしね」 こういう言葉でイロイロと許されてしまうことが本当にイヤだったんですよね。例えば点数計算とか、牌効率とか。いや~生意気たらーっ(汗) だから人一倍必死で覚えたり、雀荘行く時は穴のあいたデニムに古着のTシャツとか『わざと』こ汚い格好をして行ってました。 しゃべりもわざとオトコみたいにしたりして(笑)。 普段は「puyoちゃんブってんの?」て周りに言われるくらいアマアマなトークをする女子だったんですよ、マジでふらふら (ブってるって言い方も昭和だなー、平成大学生時代の話だけど) だから競馬女子が顔を出して、それが可愛かったりするとニヤニヤしちゃいますわーい(嬉しい顔)イイ時代になったなぁ♪楽しみ方は自由だなぁ♪なんて。 でも… でも自分には出来ないっすバッド(下向き矢印) 紆余曲折あって競馬の岸にたどり着いて、 今更「女子アピール黒ハート」は絶対ムリ(笑)。 結局何が言いたいか分からなくなってきちゃったけど、、、 あーあ、勝ち組になりたいヮ(ちょっと女子風たらーっ(汗))。 なんちゃって黒ハート

続きを読む

懲りずにダイエットとコラボ♪

何の因果か、さらに大幅減量を目指すコトになりました♪ 達成したアカツキにはT師匠からご褒美があるらしい黒ハート モチベキープの為に、またもや競馬とダイエットのコラボ(笑)。 今回は!!  「ダイエット貯金で   大井のダイアモンドターンに行く」 という壮大な計画をスタートすることにしましたグッド(上向き矢印)グラム¥100という超高級牛肉的貯金ぴかぴか(新しい)貧乏人puyoにとってはちょっとツライ貯金です(涙)。ココロ折れたらグラム¥50とか¥10に値下げするかもですががく〜(落胆した顔)(ココロというか財布ね) しかも独りではムリなのでT師匠の分も貯めますよ、勿論。 移動費でめいっぱいだと思いますが…。ははは。 乞うご期待。 なんちゃって。

続きを読む

短期放牧中

コメントに頂いた言葉をお借りして恐縮ですが、ただ今、短期放牧中(^O^) リフレッシュしたいですが、懐が淋しいのが問題ですね(^-^; うーん、岩盤浴にでも行ってデトックスしたいところ。手頃だし(笑) バス内での更新ですが、カップル率高いのは週末だからなんでしょうかね(>_<) くすん

続きを読む

拝啓 松岡正海様

手紙のように書き始めましたが、松岡正海Jは最もご贔屓でありすごーーく謎めいたJです。 天皇賞の「チョリーーッス」をはじめ、無類のキャバ好きという松岡J(キャバは日本の宝と言ったとか言わないとか)。古着屋をしてみたいとか、30でJヤメるかもと言ったりとか、黛Jとバンド活動をしていたり…。とにかくチャラいイメージですよね(笑)。 一方で吉川良さんのエッセイ(gallop連載)にもよく名前が出てくるんですが、その時のイメージはちょっと違います。 初めてエピソードに触れたのは『崖の上のボムシェル』というエッセイ。マチカネナナエヤエという母を持つボムシェル。吉川さんに「ナナエ」という女性に振られたと愚痴る松岡Jが、ボムシェルに騎乗して激走するお話。まあ松岡Jは知らなかったかもしれませんが、吉川さんは気がついてもの思う…というお話(だったような)。 そして今週のgallopで知ったんですが、競馬学校の3年間毎月欠かさず吉川良さんとの約束を守って、1ヶ月何を感じて学んだかを手紙にして送っていたそうです。gallopの愉快なターミナルの中の松岡Jは明るくて、でもすごく生真面目に競馬に取り組んでいるように見えます。 他の雑誌のインタビューなどでも「穴を出したらきっとその人は美味しいものを食べますよね。だからボク、穴出したいんです(という様なこと)」を言ったり。 マイネルの馬でダービーを勝てなかったらダメかもと考えていること。 海外に遠征してキネーンJに学んだり。 競馬に真摯な松岡Jと…

続きを読む

競馬コラムで涙する三十路女子(笑)

天皇賞は万哲さんの予想がピタリだったとどこもかしこも言っていますが、じつはダービーニュースの長谷川さんも◎△でキッチリ予想されていたそうです(ブック派なのでさっき知ったんだけどねたらーっ(汗))。 長谷川さんは本紙担当。 毎週毎週24R程に全て印をうって、そして本紙という責任。 その中で的中されたコトは本当の意味で価値がある!と思います。 なかでもちょっとジンとしたのがこの言葉。 「競馬新聞の生命線である馬柱のひとコマひとコマに、キッツの強くなっている息吹が詰まっていた」 元々アルナスラインくんには長距離なら世代最強という信念があったそうで、取るべくして取れた馬券だったんでしょうねぴかぴか(新しい) そのコラムを読んでちょっと涙が出ましたたらーっ(汗) 以前長谷川さんが「競馬場の片隅で小銭握り締めてるおっさんが飲むために欲しい2000円かそこらの為に予想している」といったようなコラムを読んでから大好きだったんですが、ますます大好きになっちゃいました黒ハート 三十路は涙もろくて困っちゃうふらふら ではでは♪今週も頑張ります 応援よろしくです(ぺこり)  ↓

続きを読む

ミーハーですいません(笑)

ジャンクスポーツに三浦J出てましたねー。 かわぃーー黒ハート いや、モチロン石橋&松岡Jのほうが好きなんですけど、 三浦Jはブログをいつも見ているので思わず(笑)。 浜ちゃんも「かわいーー」て言ってたし。 まぁ、ビッグマネーな世界だし、いつまでもそのままでは無いでしょうが、とりあえずは純な感じがイイですよねわーい(嬉しい顔)

続きを読む

ちょっと夢だったりして♪

やってみたいことがあるんです…それは、  直線で叫んでみたい! てコト(笑) 「松岡~exclamation×2」とかJさんの名前を。 競馬場でもなかなか恥ずかしいたらーっ(汗)でもしてみたぃぴかぴか(新しい) こんなでもやっぱりオンナのこですから(汗)、グリーンチャンネルとか観つつはちょっと…ですし、やっぱ競馬場ならではですよね? なんかそれが1位とか2位とかだったら良いけど、5位とかだったら「くすんくすん」とか言いそうだふらふら やっぱ作法としては、人気薄の軸ウマさんがつっこんできた時に言うべきなんですかね? というワケで、 チャンスを狙っているのです目

続きを読む

ひとりじゃないよ♪

さぶい歌のフレーズではありませんょ(笑) れっきとした「菊花賞」のお話です。 ピンときたかたもいるでしょう目 そうノットアローンくんですわーい(嬉しい顔) 思わずジャケ買い…もとい、名前買いしてしまいたくなります。皐月賞は7着でしたが、先日のセントライト記念では0.1秒差の3着。鞍上は横ノリJ(多分?)だし、バリバリのクラシック血統(!?)ですし、ホーラ魅力的なウマさん。そんな「ジャケ買い」てホドでもないょね目 それだけなんですけどねふらふら 寂しさを抱えた現代人にピッタリのネーミングかと。 あ、アタシか(笑)

続きを読む